全3回のうちの2話目だよ
IMG_0322
IMG_0323
IMG_0330


【つづく】


1カ月検診で見つかる心雑音の多くは「機能性心雑音」といって、気にしないでいいレベルだそう。
実際、私の周りの先輩ママの中にも、1カ月検診で「心雑音がある」と言われた人が何人かいた。

調べても調べても、もいちゃんの心雑音が何を示しているのか、結局は推測の域を出なかった。
そりゃそうだ。お医者さんでも精密検査しないと分からないのに素人がどれだけネットで調べようが解決するわけない!
それでもじっとしてられなかったので、気休めのために検索しまくった。

心エコー当日は、朝からピリピリしてた。
といってもエコーの最中、私たちはただ薄暗い部屋で静かに見守ってるだけ。
超音波診断装置の画面には鮮明なオレンジとブルーの線が見えたけど、それがどう見えたらどういう状況なのか、さっぱりわからない。
ただただキレイだなという場違いな感想しか浮かんでこなかった。
先生がボタンを押すと、記録用の写真がビビビッウィーンと印刷される音が異様に大きく響いた。
診察は数分だったはずだけど、ものすごーーーく長く感じた。

結果、穴は小さく、この大きさの穴が開いているケースは頻繁にあるのだそう。
ただ、もいちゃんは数が多かった。より精密な検査を受けに、さらに大きな病院へ行くことに。
まだ安心しきっていいのかどうかはっきりせず、モヤモヤしたままこの日は帰った。

このモヤモヤは次回解消します。


励ますつもりでどうか押してください!↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
(1日に1回まで投票できます)