はぐママの毎日

出産を機に前職の知識と今の経験を活かせる育児漫画始めました。同じように育児を頑張ってるママやこれからママになる人の息抜きになれば幸いです。

タグ:1カ月検診

全2話中の1話目だよ
IMG_0340



IMG_0347

【つづく】



毎日ちょーとずつ赤くなっていると、ほんとに、最初からその濃さだったと思い込んでしまってた。
この感覚、「アハ体験」とかいって一時期流行った、ほんのすこーしずつ変化する映像の間違いを探すやつに似てる。

2週間検診で看護師さんに相談するも「様子見ですね」と言われ、自分でいろいろ調べるとイチゴ状血管腫にたどり着いた。
意識しだすと、日に日に濃くなっている気がして心配になってきた。


そして1カ月検診でやっと治療の診断を受けるのだけど、このとき同時に心雑音が発覚した(心雑音の記事はこちら)からイチゴ状血管腫が一気に頭の片隅に追いやられてた。

レーザー治療は、もいちゃんの前に5歳くらいの女の子が治療室に入っていったんだけど、ものすごい悲鳴が聞こえてきて震えた。

続きはまた明日…


イチゴ状血管腫②


イチゴ状血管腫③

イチゴ状血管腫④


全3回のうちの2話目だよ
IMG_0322
IMG_0323
IMG_0330


【つづく】


1カ月検診で見つかる心雑音の多くは「機能性心雑音」といって、気にしないでいいレベルだそう。
実際、私の周りの先輩ママの中にも、1カ月検診で「心雑音がある」と言われた人が何人かいた。

調べても調べても、もいちゃんの心雑音が何を示しているのか、結局は推測の域を出なかった。
そりゃそうだ。お医者さんでも精密検査しないと分からないのに素人がどれだけネットで調べようが解決するわけない!
それでもじっとしてられなかったので、気休めのために検索しまくった。

心エコー当日は、朝からピリピリしてた。
といってもエコーの最中、私たちはただ薄暗い部屋で静かに見守ってるだけ。
超音波診断装置の画面には鮮明なオレンジとブルーの線が見えたけど、それがどう見えたらどういう状況なのか、さっぱりわからない。
ただただキレイだなという場違いな感想しか浮かんでこなかった。
先生がボタンを押すと、記録用の写真がビビビッウィーンと印刷される音が異様に大きく響いた。
診察は数分だったはずだけど、ものすごーーーく長く感じた。

結果、穴は小さく、この大きさの穴が開いているケースは頻繁にあるのだそう。
ただ、もいちゃんは数が多かった。より精密な検査を受けに、さらに大きな病院へ行くことに。
まだ安心しきっていいのかどうかはっきりせず、モヤモヤしたままこの日は帰った。

このモヤモヤは次回解消します。


励ますつもりでどうか押してください!↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
(1日に1回まで投票できます)

全3回のうちの1話目だよ
IMG_0331

IMG_0320
IMG_0332

【つづく】


この時期、ちょうど1歳未満の子がコロナにかかったってニュースが出たり、乳児の重症化リスクが分かってなかったりで、とにかく病院に行くのが不安だった。

身長・体重増加は良好だし、異常を指摘されるなんてこれっぽっちも考えてなかった。
今思うと、先生が心音聞いてる間も平和ボケして笑ってた自分がかなり腹立たしい。殴ってやりたい。

それにしても小児科の先生、熱かった(いい意味でね)。心の距離をぐぐぐいっと詰めてきてくれる感じ(いい意味でね)。
そして小児科の先生って何でバンダナしてるの?前にバンダナしてた先生も小児科医だった。

この続きは明日アップするよ!


励ますつもりでどうか押してください!↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
(1日に1回まで投票できます)

↑このページのトップヘ